中学校とは

中学校の目的で、小学校(学校Education Act Article 45)の教育の基本の上の心身の発展に従う義務教育として実行される一般教育を置いて群れをなしてください。
小学校を卒業した人または特にサポート学部の小規模の部門を完成した人はそれに入ります。
そして、卒業のために必要とされる年は3年です。
部門が、コース(中等教育学校の最初の半年の専門サポート学部)の等しい学校にあります。
小学校(クラスの担当の先生が基本的にほとんどすべての主題を担当してある1つの先生)に、しかし、中学校で、専門先生が存在します各々あらゆるやすいです。
多くの学校(定期的にそれを調べることなく単位によって試験を実行している学校があります)で、我々は学期終わりの試験によって周期的な試験を受けます。
そして、結果と日常生活の学習のありさまはより高い等級の学校への入場の時に調査(成績通知表)の報告によって反映されます。
中学校を卒業した人は、後の学期コースを含む後の中等教育を実行する学校と5年間のシステム、ハイスクール(ハイスクール)の特別な専門学校の高さのコース(いわゆる工業学校)、中等教育学校のより高い教育制度である高等専門学校(工業短大)に入学することができます。
通常これらによる新しい学生選択に各々の学校を渡すことによって、学校への入学は、各々の学校によって個々に余地がされます。
そのうえ、中学校を卒業しなかった人にとって、中学校卒業程度は、文部科学省による試験(中認)が存在すると認めました。
私立中学校(ほとんどと入学試験(中学校試験)を含む新しい学生選択による国立中学校があります。

copyright(C)義務教育を学ぶ