現在の中学校制度

現在の中学校制度は、1947年に4月に始まりました(1947)。
3学年の学生はスタートから集まりました。
しかし、任務が昇進(その頃区都市地域村設立中学校1947で最初に適切さ学齢に達した子供たちの学校で出席を必要とされたことに関しての1年生だけの2年生に関しての3年生)の学校に通う義務の、そこにいなかった小学校上級コース1年生から人に関しては小学校上級コース完成の人々の申込者の入場によって学校適切さ学齢に達した子供たちを入れるようになったことは2年後に1949年です。
この意味で、学校等価物が、旧システム(戦争戦時以前に)の学校組織に、現在の中学校制度にありません。
1947年の始まりの時に、サイトはちょうど小学校のもの(特に古い上級コースの教室)を使って、しばしば校舎(働く若者のための古い技術的な訓練所の学校の建物)を改造するようでした。
そのうえ、戦災を捕えた都市の場合、クラスは最初は火の遺跡で実行されます。
そして、校舎(その後戦災再生計画のサイト)を得た例があります。
さらにまた、軍の地上、軍用品工場が変わったケースが、存在しました。
そのうえ、現在の公共中学校学校主流派において、校舎の建設のために地元の人々の大きな協力を得た多くの例が、あります。

copyright(C)義務教育を学ぶ