小学校の目標

学校教育法(1947年の法律第26には)の第30条第1節による必要な程度の義務教育として提供される一般教育の狙い(第21の学校教育法条各号で公表しようとします)を達成するために、小学校の教育が実行されると言われます。
そのほかに、言われます。
「人生の間学ぶベースが耕作されるようにあなたに根底にある知識と技術を学ばせて、知的な力、判断、表現力または必要な他の能力をあなたとして育てますこれらを利用します。そして、問題を解決すること、そして、独立している、そして、特に学習のためにレスリングをするために方法を供給するために意志を使う」記事の第2節において。
小学校の教育の狙いは98番目に法律によって学校教育法の改正の前に処方されました(2008年のは施行で4月1日にあります)。
法律の第18条による2007年に以下の通りに、しかし、それは改訂の後の小学校個人処置で、止まりました。
そして、私がいつかほかの時に「義務教育として実行される一般教育の狙い(学校Education Act Article 21)」で訂正のものの上で狙いを列挙したことは処方されました。
学校の内外で社会生活の経験に基づいて、互いに人間面の関係に関しては心配無用の理解と協力、独立と自治の心をもってください。
自国の地区と国家現在の状況と伝統について、それを正しい理解に導きます。
そして、進んで、国際協調の心をもちます。
日常生活、食事、家、工業のために必要な服について、基本的な理解と技術を習得してください。
確かに日常生活のために必要な国家言語がわかって、使う能力を高めます。
確かに日常生活のために必要な量的関係を理解して、扱える能力を高めます。
科学的に日常生活で自然現象を観察して、扱える能力を高めます。
健康(幸せな生命の保護)によって必要な習慣を身につけて、心身の一致開発を予定します。
明るく裕福に活力をするために音楽、芸術、文学的な芸術について、基本的な理解と技術を習得してください。

copyright(C)義務教育を学ぶ